全国の大都市の中にはご当地グルメが高額な例もあり

日本国内には、人口が100万人を超えるような大都市がたくさんあります。そして、各都市にはご当地グルメというものが必ず存在していますが、例えば名古屋はひつまぶしをはじめとしてご当地グルメの単価が高めです。その他、仙台名物の牛タンも高額で、食べずに帰ってきてしまい、悔しい思いをする人がたくさんいます。しかし、そういった地域には行かず、ご当地グルメの単価が安い場所へ旅行に行けば、現地で思う存分美味しいものを食べる事が可能です。

 

一番のおすすめは大阪

大阪は名古屋や京都と違って高級系のご当地グルメがあまり存在せず、いわゆるB級グルメが名物となっています。具体的にはたこ焼き・お好み焼きといったところが有名ですが、たこ焼き店の中にはわずかながら味ではなく価格で勝負している店が存在します。そういった店では、500円から1000円程度の予算でもお腹一杯、美味しいたこ焼きを食べる事が可能です。なお、たこ焼き店の中には1つ100円程度のたい焼きも販売している店がありますが、たい焼きの美味しさにも定評があるため、是非併せて注文してみてください。

 

福岡市(博多)グルメも低価格でおすすめ

大阪同様に、九州最大の都市・福岡市もご当地グルメの単価が安い街として知られます。特に博多駅の西側に位置する中州エリアでは、博多ラーメン・餃子などが安い単価で提供されていますので、屋台巡りをして様々な物を食べてみる事をおすすめします。

 

東京にも安いグルメはある

東京に関するご当地グルメは高いとも安いともいえない部分があります。しかし、例えば亀戸名物の某有名店の餃子をはじめとして探せばいくらでも安い店も見つかりますので、東京も低予算旅行の行き先としておすすめです。